私たちのグループに関して

 

gala

第180団パシフィックコーストスカウトグループは、18歳から26歳の若者をより良き社会人に育成するプログラムを基に、2007年にバンクーバーで創設されました。私達は様々な活動を通して、カナダを代表する青少年育成組織であるカナダスカウト連盟に貢献し、活躍しています。

会員たちはバンクーバーの14にもわたるスカウトグループでボランティア活動を続けています。中では我々が手掛ける第23団エルシーロイスカウトグループ第28団テラノバスカウトグループ、そして第138団イーストバンクーバースカウトグループがあります。これらのグループの活動支援は、私達の大切な役割でもあります。

様々なメンバーがいる中、それぞれが何かを学び成長できるよう、様々なプロジェクトや活動があります。現在のプロジェクトは、こちらのブログで見ることができます。

180人以上の会員が所属している私たちのグループは、スカウトカナダでは最も大きいローバースカウト団体となっています。そしてこれからも成長していく見通しです。

経験を積みながら学んでゆく

会員たちは将来必要とする社会的スキルを身に付けるために、多種なプロジェクトに参加しています。

メンターシップ

その間各自の成長を補佐するために、各メンバーに先輩会員が付き様々な面でメンバーをサポートしていきます。

自己啓発

各自の成長を維持するため、それぞれの目標を達成するためのガイドラインとなるもの。目標を立て、どうやって達成していくかを考えていきます。

オンラインガイドブック

こちらで私達がどの様な活動をしているのかご覧になれます。

History

歴史

2007年の創設以来、私達第180団パシフィックコーストスカウトグループは、様々な経験を積みながら、ここまで大きく成長することができました。7年間で50個以上のプロジェクトを達成し、そして5人の会長と180人以上のの会員を迎えることができました。

グループ創設の理由の一つとして、若者のスカウト活動離れがありました。目の前に将来に向けての成長のチャンスがあるにも関わらず、彼らがスカウト活動から離れて行ってしまうのは、私たちとしてもとても残念な事でした。そんな中私達は初心に戻り、ベーデン・パウエルの著作の一つである「ローバリング・ツー・サクセス」を見つめ直しました。そこにはローバースカウトはスカウトとしての務めを果たすだけではなく、各ローバーの将来に向けて成長を導くことの大切さが記されていました。その言葉が現在の私達のスタートの原点となったのです。

スカウトリーダーの育成

多くの若者は経験が浅く、リーダーシップをとるには未熟過ぎだと思われがちです。しかしチャンスを与えなかったら彼らはどうやって成長をすればいいのでしょう?

私達は若者の成長を妨げないためにも、彼らにチャンスを与え続けています。様々な活動やプロジェクトを繰り返すことによって、彼らはリーダーシップについて学び、そしてチャレンジ精神を学び得ることができるでしょう。そして彼らが羽ばたく時が来るまで、シニアアドバイザーがサポートをし続けます。そして素晴らしいリーダーとなり、スカウトの国に貢献している若者たちが沢山います。

学習を重視する

単にグループ活動を続けるだけではリーダーシップ能力は身に付きません。メンバーの一人一人が目標を立て、指導者がそれを達成出来るよう助ける。 そしてスカウトグループの成長に向けて活動する一方で、各メンバーが、将来社会に貢献できるような素晴らしい若者になれるようサポートするのも、我々の大切な役目です。そのためにもプロジェクト・マネージメント、ライフ・バランス、就職、学校、様々な面でメンバーが学べるよう、ワークショップなどを行っています。成人してからもスカウト活動が役に立っている事に、ローバースカウト達は皆とても感謝しています。

成果

現在、第180団パシフィックコーストスカウトグループには、180人以上のメンバーが所属しています。カナダを代表する大企業に勤めているメンバーも多数おり、またカナダスカウト連盟の幹部であるメンバーもいます。これは我々の活動が間違っていなかったということを意味しているでしょう。

Leave a Reply Text

Your email address will not be published. Required fields are marked *